単一散薬の種類の判別

処方情報として「テグレトール細粒50%、一包あたり0.5 g」が読み込まれている状態で、

正しい内容物:「テグレトール細粒50%」
間違った内容物:「パントシン散20%」

を、散薬監査支援装置の試作機を用いて判別する様子です。

散薬監査支援装置(試作機)

 

まずは、正しいものを測定した場合。

この場合、「適合します」と表示されています。判別にかかる時間は5~6秒程度です。
「適合度」が1に近いほど適合度合いが高く、0.99以上の場合を「適合」としています。

 

次に、間違ったものを測定した場合。

この場合は、「適合しません」と表示されます。

なお、最も適合するもの(ランキング1位)が「パントシン散20%」になっているところにも注目してください。未知散薬の特定にも応用できる技術です。

技術紹介へ戻る